水処理用凝集剤リード-CX

ホウ素排水処理は、硫酸バンドと消石灰の併用による凝沈処理が一般的です。しかし低濃度処理が難しく、また汚泥発生量も多くなるといった問題があります。
エア・ウォーターベトナムではホウ素・フッ素などの有害元素の処理に適した凝集剤「READ-CX」を取り扱っています。「READ-CX」は従来の硫酸バンド-消石灰法に比べ薬剤添加量が少なく、汚泥発生量を抑えることができます。

「READ-CX」の特長
  • 希土類元素を主成分とし、ホウ素などの難処理性陰イオンを効率的に不溶化することで、沈殿除去することができます。
  • 少量の添加で除去対象物質と反応し不溶化するため、汚泥の発生量が少なくなります。
  • フッ素、ホウ素、ヒ素、リン、セレンなどの難処理性陰イオンが2種以上共存する場合でも一括して処理が可能です。
  • 沈降助剤として苛性ソーダまたは消石灰などを使用し、pHを8.5以上に調整することで凝集性・沈降性の良好なフロックを形成・沈降します。

主な使用用途

石炭火力発電所のボイラー排水からのホウ素除去(ホウ素はベトナムの排水規制物質ではありませんが、諸外国の規制状況をみると、近いうちに規制される可能性があります)